知って得する!補聴器のモデルや特徴を理解して選ぼう

男の人

耳が聞こえづらくなったら?

年齢を重ねていくと、テレビの音が聞こえづらい、ささやき声が分かりにくい、高い音が聞き取りにくいなどという「聞こえにくさ」を感じるようになります。風邪や中耳炎などの疾患がなければ、生活の質にも影響してきます。「聞こえにくさ」の原因を知ることと同時に補聴器の導入を検討していくなどなんらかの対策を講じていきましょう。販売店などではさまざまな能力を持った補聴器が揃っています。レベルに応じた機種を選び、生活が不自由にならないよう、補っていきましょう。

補聴器を購入する方法は色々ある

補聴器を購入する方法としては、いくつかの方法があります。通販サイトを通じて購入する方法や、ご近所にある補聴器販売店から購入する方法が考えられます。いずれの場合も、医師による「耳の聞こえ方」に対する診断を得たあとで購入することで、今の聞こえに関する状況に応じたベストな機種を選択することが可能となります。また、電池を都度購入する・清掃などのメンテナンスを依頼するなど定期的にお付き合いができるお店を探すことも補聴器を長持ちさせる秘訣となりますので、通える範囲にある販売店を見つけることも一案です。

補聴器と集音器の違いって?

補聴器とは?医療機器であることは最大のポイントです

補聴器は医療機器として国に承認された道具です。法律によって「管理医療機器」に分類されており、国が定めた「補聴器に対する基準」をクリアした商品が「補聴器」として販売されています。つまり、安心して「聴力」をサポートするためには「補聴器」を購入することが一番なのです。

集音器とはどんな機械?購入の際に十分注意する必要があります

一方集音器は、補聴器と同じように「聞こえ」をサポートする道具ですが、医療機器ではない・国の基準を満たさない(あるいは国に申請を行っていない)道具となります。使用には差し支えないとされる製品もありますが、残されている「聴力」を活かせない製品などもありますので注意が必要です。

人気の補聴器の種類をご紹介!

no.1

セットが簡単!耳かけ型の補聴器

フック型の補聴器とマイクがそれぞれ独立した「耳かけ型」の補聴器は、耳に掛けるだけで使うことが可能です。よりはっきりとした音が伝わりますので、コミュニケーションもとりやすくなります。また、マイクのカラーバリエーションが豊富で、おしゃれに使うことも可能です。

no.2

目立ちにくい、耳穴型の補聴器

耳穴へはめ込む「耳穴型」の補聴器は小さく目立ちにくいのが特徴です。ささやき声や低い音などもはっきり聞きとることができる性能を持ち合わせた機種が多いのが特徴です。片耳・両耳いずれの場合でもバランス良く聞き取れるようデジタル処理される機種もあります。

no.3

汗にも強い、防水型の補聴器

難聴・加齢による聴力低下に襲われても体を動かすことだけは辞めたくないという方も。防水加工がなされた補聴器を使えば、汗をかきやすい方や、運動を常に行っている方でも機器を損傷させることなく使い続けることができます。

[PR]補聴器の選び方が知りたい
参考にできる内容をチェック

[PR]jPスタイルのキャットフードの特徴とは?
愛用者の声をcheck☆

自分の耳に合ったものを選ぶことが大切

やはり、自分の耳の聞こえの状態に応じた補聴器を選ぶことが大切です。生活の質を高め、コミュニケーションを円滑に進めていける事を優先させて品定めをしていきましょう。

広告募集中