つけてみたら生活が変わった!補聴器は毎日を豊かにしてくれる

我が国の補聴器の普及率は?

日本において、加齢などが原因で聴力低下した方は推定2000万人ほどと言われています。その中で、補聴器を利用している方の割合は、難聴者の4~5人に1人と20%に満たない結果が発表されています。

補聴器を利用している人の声を見よう!

会議に積極的に参加できるようになりました

小さい声やテレビの音声が聞き取りづらく、インターネット回線を使用した会議がとても難儀でしたが、補聴器を使うようになったら、話の内容が手に取るように分かるようになり、積極的に参加できるようになりました。

孫との会話が楽しみで仕方ありません。

子供の声が頭の中に響くように聞こえてしまい、最愛の孫との会話ができなかったのですが、補聴器を使うようになってからは孫との会話がとても楽しく、毎日が豊かなものに変わりました。積極的に外出できるようにもなりました。

つけてみたら生活が変わった!補聴器は毎日を豊かにしてくれる

補聴器

補聴器の選び方は?

補聴器は、自分の耳にフィットし、つけていてもストレスを感じないものを選ぶことが大切です。また、残された聴力をフォローできるもの、体の状況に応じて聞こえ方の調整が行える機能がある製品を選びましょう。10日間程度のお試し利用もできるので、購入前に相性を確認することも一案です。

オーダーメイドを依頼することも可能!

よりおしゃれな補聴器を使いたい、耳の形が特殊で既成品が使えないなどという場合にはオーダーメイド品を作ることも可能です。オーダーメイドにすることで、より自分の耳にフィットできるシェルを作ることができ。補聴器の難点であったハウリングが起こりにくくなるといったメリットも生まれます。シェル作成のための型どりは、即日販売店で対応します。

あなたにピッタリの補聴器を探そう

メーカーや機種によって、聞こえに大きな差が生じる場合があります。また「目立ちにくいものが良い」「デザインよりも聞こえを優先したい」というように補聴器に対する希望を持つ方も見られます。いくつか店舗をあたりながら、自分自身にぴったりの補聴器を探しましょう。

広告募集中